ぐんぐんサーチ

ぐんぐんサーチについて

1.はじめに

平成12年度から平成14年度の3年間で群馬県医師会と群馬大学医学部附属病院とで医療連携を推進することを目的とした医療機能分化推進事業(旧特定機能病院医療連携推進事業)が実施され、群馬県医師会医療情報検索システム(ぐんぐんサーチ)が開発された。
平成27年8月にリニューアルを行い、医療機関の情報検索機能以外に、他の病院や他の診療所と連携するための便利な機能を搭載すると共に、多職種連携に有用な情報を発信する場(ぐんぐんサーチポータルサイト)として生まれ変わった。

2.目的(基本理念)

このシステムは、登録されたデータベースから目的に応じて各施設の提供可能な医療内容を検索できることが特徴であり、この機能により医療連携は勿論、医療・介護・福祉等の事業者を越えて連携が進み、県民のQOL(生活の質)向上に資することを目的とする。
このぐんぐんサーチポータルサイトは誰でも活用することができるコミュニケーションの窓口であり、情報の連携を支援する道具として地域包括ケアシステムの構築に活用されたい。また、平成27年度から施行された在宅医療・介護連携推進事業(介護保険の地域支援事業)の事業項目「(ア)地域の医療・介護サービス資源の把握、(イ)在宅医療・介護連携の課題の抽出と対応策の検討、(ウ)切れ目のない在宅医療とサービスの提供体制の構築推進、(エ)医療・介護関係者の情報共有の支援、(オ)在宅医療・介護連携に関する相談支援、(カ)医療・介護関係者の研修、(キ)地域住民への普及啓発、(ク)在宅医療・介護連携に関する関係市区町村の連携」の実現に向けた支援に寄与することを目的とする。

3.プライバシーポリシー

多職種間の連携において情報を共有する場合に、守秘義務等を再度検討・確認する必要がある。共有する情報の範囲を定め(標準化)、共通認識をつくると共に相互に情報管理の方法等を順守して頂く必要がある。当然のことながら、その情報は客観的な事実や出来事を知ってもらうことを目的とし、感情や価値、期待などの個人的な感性を除去されたものが望ましい。
 以下に、医療・介護サービス事業者における情報共有システム利用に関する誓約事項の抜粋を示す。(詳細はこちら

1.障害発生時の対応:迅速な報告と、解決方策の準備を講じること(損害保険に加入も有用)
2.ID・パスワードの適正管理:IDは個人単位で利用し、事業所はその利用状況を把握すること
3.セキュリティ要件:使用する情報機器には認証証明書をセットすること
4.個人情報の管理方策:医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドラインを遵守すること
5.利用停止の届出:利用を終えるときは速やかに利用登録削除の届出をすること
6.情報漏洩禁止の期間:利用終了後においても個人情報の部外者への情報漏洩は禁止すること
7.目的外利用の禁止:システムの利用が許可者でも個人情報を目的外に利用することは禁止すること
8.正確性の確保:登録する個人情報は正確な内容を入力すること
9.管理体制の整備:事業所毎にシステム管理担当者を設置し事業所内における個人情報の適正な管理を確保すること
10.事業所内の研修実施:システム管理担当者は事業所内における個人情報の取り扱いに関する研修を実施すること

11.安全性の検査の実施:情報共有システムの運用環境の安全性について定期的な検査を実施すること


4.個人情報保護法に基づき「群馬県医師会」は、
  オプトアウトを実施しています。(【オプトアウト】